So-net無料ブログ作成

水無月(19-6/2) [和菓子洋菓子]

a04.jpg
神宮駅の近くに来てましてん。
a05.jpg
ミニ美術館みたいになってる
a06.jpg
a07.jpg
a08.jpg
a09.jpg
a10.jpg

a11.jpg
ふーん。
a15.jpg
高千穂通りのNTT
a16.jpg
もう伝送は全部地下ケーブルで送るようになったのか
指向性アンテナがみんな取っ払われてますね

a17.jpg
6月になったんでいつもの壽康庵に寄ったです
a18.jpg
a19.jpg
a20.jpg
a20b.jpg
お茶とお饅頭までいただいたですよ
a21.jpg
てなわけで6月の京都の和菓子、水無月を買ってきたですよ
a22.jpg
白と黒糖の黒の詰め合わせパック
a23.jpg
ういろうに小豆をトッピングしてあります
水無月は室町時代に生まれたらしいです。
当時、6月1日には氷を食べて暑気払いをするという宮中行事が
あったそうです
でも庶民が氷を入手するのはなかなか困難なので、菓子でその代わり
としたのがはじまりだとか。
三角形なのは氷のカタチを表したものだといわれています。
また、四角を半分にしたことで1年の半分を表したともいわれています。
小豆の赤い色には厄除けの意味があるそうですよ
a24.jpg
おいしいおいしい。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理